スポンサーサイト
  • --------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫捜索◆ティファをさがせ:十九日目 猫の日
  • 2007-02-24(土)

近所のパン屋さんと果物屋さんをアレルギーでスーパー商品を
ほとんど口にしない我が家は、これまで買い物に利用していませんでした。

21日の夜、
「ティファを探しています」のポスターを貼ってくださっている事もあって
感謝の気持ちを込めて食パンとりんごを買いに行きました。
パン屋さんはさらに1枚追加で店の中にも貼っておくと言ってくれました。

そしてそのパンとりんごは日中ティファを探しながら散歩してくださる方に届けました。


その翌日2月22日は「にゃんにゃんにゃん猫の日」

夕方家族のnoonから電話がきました。



noon:みみちゃん ティファが見つかったよ(泣き声)


みみ:え!


(見つかってなんでそんなに泣いているの?)


noon:ティファが…ティファが(泣き声)


みみ:今そこにティファがいるの?


(死体が見つかったの?)


noon:うん いるよ~(泣き声)


みみ:死んでたの…?生きてるの?


noon:生きてる~ ほら 


(にゃー)


みみ:ティファ!? ティファ!


ティファ:にゃーにゃー


みみ:きゃーーー!すぐ帰る!







「ティファが見つかった!生きてた!」



と会社の人達に報告をすると
どんな嫌な事があっても泣かなかったのに嬉し涙があふれてきて
上司も「もらい泣きする」とうるうる目になって
同僚の「どこで見つかったの?」等の質問にも
「くわしいことはわかんない」とただ机につっぷっして
「うれしいうれしい」と泣いてしまいましたw



はっきり言って丁寧に作り上げたクールなイメージを
完全にぶち壊しちゃったね



定時になるとダッシュで帰宅!!!

本当にティファが家に帰っていました。


本物のティファ!


抱き上げたら



…!!!!



かるい!!   ちっちゃい!!



ティファ おかえり~♪

「夢のような幸福感」とはこのことです。




こんなにティファが大事だったんだ。と改めて思いました。




スポンサーサイト

ありがとう
  • 2007-02-19(月)

今から書くことはここ「ティファの回覧板」じゃなくて
あっちのほうがいいかなぁと思いつつ
やっぱりこっちにします。

ティファがいなくなってとても混乱している時
こんな応援メールをいただきました。


涙を耐えるのも大事なときもあるけど

心にぽっかり穴が開いたように思うときは、

一度思いっきり体を震わせるぐらい泣いて

「ありがとう!」 て言ってみて

少し気が楽になると思うよ

2006.2.6 T君より





これをいただいた時、何に「ありがとう」なのか
ぜんぜんわからなくて正直戸惑いました。

それで口先だけでも言ってみようとするのだけど
違和感があって心がこわばってしまうのです。


あれから何日もたってしまっているけれど、
でもこのことがいつもひっかかっていて
それが今日なんとなくT君の伝えたいことが
わかったような気がしました。


わかったようなだけでまだ口にするのは怖いのです。
なんだかもうティファが帰ってこなくなるような気がして。

それで帰ってこない理由はもう迷子じゃないわけで。


070219tefa.jpg




いつか何があっても同じ空の下、どこかで生きているはず!と
思えるようになったら

「ありがとう」と言える気がします。

(きっとそういう「ありがとう」では無いんだろうなぁ)


でも一番は!

ティファに再会できた時に
「この馬鹿タレー!」と鯖折りするほど抱きしめたあと

「ありがとう」と頬摺りしたい。


猫捜索◆ティファをさがせ:十四日目
  • 2007-02-17(土)

寒い夜が続きました。

こんなに日がたってしまって・・・と沈みそうなときにここを見ます。

「野良にゃん写真集」

絶対見つけるからしっかり生きていてね。




「帰ってきた迷子猫たち」


「希望をもって捜査をすること」

「一生懸命やればかならず結果がでる」






日中は仕事で探せない。
寒くて暗い道を探していると気持ちまで暗くなる。

そんな時に
「散歩のときに(ティファが)いないか探しながら歩いていますよ」と声をかけてくだる。
感謝!



温泉ネコになりたくて旅に出たのかも?
070129tefatv.jpg

猫捜索◆ティファをさがせ:十三日目2/16(金)
  • 2007-02-17(土)

家族のnoonがティファを捕まえた夢を見た。




noon 「家に連れ帰ってすぐにお風呂で洗ってあげたら足に怪我をしていた。」

みみ 「どれくらいの怪我?」

noon 「たいしたことないよ。かさぶたになっていたけれど、
     ほら、よく肉球を怪我して帰ってきてたでしょ。あれくらい。」

みみ 「ティファ痩せてた?」

noon 「がりがりで骨がでてた。」

みみ 「でもあのやわらかさを感じた?リアルもふもふ」

noon 「うん!もふもふしたよ。」

みみ 「わー!いいなぁ!!!」

noon 「でも夢の続きでみみが「ティファを探してたらこんなん
    見つけた」と子猫を拾ってきたよw
引き続いてみんな子猫を連れて帰ってきてびっくりして目が覚めた!」





ティファちゃん 早く出てこないと子猫に居場所をとられるぞっ!
070217hoge.jpg

猫捜索◆ティファをさがせ:2/9~15日(2)
  • 2007-02-17(土)

○チラシ配り

歩いている人に声をかけてチラシをお渡ししたら
「近所にも声をかけておくよ」とたいてい気持ちよく受け取ってくれました。

ドアにポスティングする際は「お願いします」と声をかけながらいれました。
こうしたほうがちゃんと見てもらえそうな気がして、おまじないです。


おなじない効果なのか
配っている途中でさっそく情報が入りました!


・「うすむらさきの首輪をした猫」がパン屋の前を歩いているのを見たよ。
・うちの庭に「うすむらさきの首輪をした猫」がいてこっちをじーっと見てどこかに行ったよ。


それぞれがチラシを撒く4日前のことでした。
場所もいなくなった公園の近くです。




名前を呼んでさがしても反応が無くて落ち込みそうになるとき


「遠くに行かず近くでうずくまっている。」

「飼い主が目の前を名前を呼んで通り過ぎてもじっと隠れて見つけてくれるのを待っている」



この言葉を思い出すようにしています。

あたってるね!がんばろう!


ティファも無事生き延びて!
070217sesam.jpg

猫捜索◆ティファをさがせ:2/9~15日(1)
  • 2007-02-17(土)

○ポスター、チラシ作成



あれから鮮やかカラーコピー機でチラシ、ポスターを再度作製しました。

情報ではセブンイレブンのカラーコピーが色、耐久性で一番ポスターに向いているということでしたが、
うちの近所のセブンイレブンに設置していたコピー機はてんで使い物になりませんでした。
結局某小規模スーパーのコピー機が一番きれいにとれたので、
面倒でもサンプルを取ってみるのが一番だと思いました。

カラーコピーはA3 80円/枚 
祖霊ガイアは    ・・・・  それ以外は50円。
新聞チラシに依頼するほどの大量コピーなら、業者に頼んだほうがよさげ。


ティファ自体は「ハンサム」以外にとりたてて目立つことの無い雑種。
首輪が 「うすむらさき」 であることがなんといっても一番のピーアールポイントです。
なのでポスター、チラシの利き色を うすむらさき にして、
見てくださった方の脳に訴えに訴えました。



コピーをとっている途中のことです。


「この子、うちで保護をしています!」


と声をかけられたのです。

携帯に画像を見せてくれるのを待っている間にも嬉し涙がちょびっとでかけ。

(さすがティファちゃん 
コピー代使わせておいてから現れるなんて笑えるじゃん)

しかし 見せてくれた猫ちゃんは微妙に丸い

う~ん 首を右に左に 画像とポスターを見比べる

決定的なことは保護したのがもうひと月前ということでした。


残念だったけれど、ティファもこうしていい人に保護されている確立があるってことで
少し安心しました。



それからやっぱり 実行あるのみ!ですにゃ



出てこ~い!ティファ


猫捜索◆ティファをさがせ:五日目2/8(木)
  • 2007-02-09(金)

五日目2/8(木)

夕方から雨が降りそうでその分暖かくて
夜でもコートがいらないくらい。



チラシとポスター作成での注意点として


・いなくなった月日を書かない
・いなくなった場所を書かない


日がたってしまったり場所が離れていると、
見た人が「あぁ、もうダメだろう。ここにはいないだろう」と
関心が持てなくなるからだそうです。

写真は強く目をひくようなかわいいティファのアップと
もし今見かけたらこれくらいヨレっていそうなダレた画像を
並べました。

電話番号は…イタ電覚悟で公開です。




ポスターはプリンターで印刷したものは一度の雨でインクが流れてしまうので、カラーコピーしたものを使用します。

しかし、田舎のコンビニのカラーコピー機は全然あかん!
インクかすかすで、仕上がりがもう1年もたったような古臭さを感じて
使い物になりません。


1枚50円×50枚返せ~!



ティファがいないのについ癖で、
部屋のドアを1cmほど隙間をあけて閉めている。



ティファの匂いがたっぷりのトイレ、おちゃわん、水入れ
ティファ用バスタオルを敷き詰めたダンボール箱を
公園の木の下の草陰にセットしました。
他のネコが餌を食べてしまってもいいの。




ティファが罠にかかってくれますように。



猫捜索◆ティファをさがせ 4日目:2/7(水)
  • 2007-02-08(木)

ティファ探索用ポスターとちらしを作成する。

猫捜索◆ティファをさがせ 三日目:2/6(火)
  • 2007-02-08(木)

三日目:2/6(火)

疲れてぐっすり寝てしまったその朝。
左腕のあたりにティファを感じた!

私が寝てしまった間に家族が発見して連れて帰ってきたんだ~
「ティファ おかえり~♪」といつものように頭をなでた。

おでこのカーブや耳、やわらかい毛並み。
あぁティファだ!よかった~!

それが突然プツンと腕の中でティファが消えた。
ちゃんと目覚めたら服を着たまま寝てしまったそのふわふわの服とティファを間違てしまったことがわかった。

もうリアルすぎ;;
まさかお別れに来てたのかもなどと考えると
涙がくーっと出てきそうになるけれど耐える!耐えた!

泣いている場合じゃないから
とりあえず府民センターと警察に届けを出しました。
保健所は犬しか取り扱っていないんだって。

本格的に捜査する必要性をやっと感じる。
遅いね私…

それでも今夜はさすがにお腹が減りすぎて公園に戻って来ているだろう。
と思っていた。


夜は帰宅するまえにまた探索。
野良猫の姿を見かけたら後をついていく。
「ティファを知りませんか?」猫語がしゃべれたらいいのに;;


「ただいま~ いなかった」

報告するなり、とんでもない大量の涙がぶわっとあふれでた。
あ~ん あ~ん こどもみたいに泣いた
途中であまりにも泣きように、笑いながらまた泣いた

ジャックさんの時はポロポロ涙でわからなかったけれど、
今回の津波のような涙が出ると「涙が熱い」のですよ。

「熱いよ熱いよ」あ~~ん あ~~~ん
「液量が多いことで(あ~~~ん)体温が保持されているみたい。」
と説明しながらも涙が止まらない。

で、ティファがここからどんどん離れて移動しているような気がして
それを食い止めたくてベランダから大声で「ティファ!」と叫んだ。

↑ちょっと待った~!

今の私なら言える。
「泣いてる暇があったら実行あるのみ。」
「探索は冷静に。大声で名前を呼んでは近所迷惑です。」


「猫 探知機」「猫 迷子」で検索。

これまでの探し方じゃダメなことがわかった。
ティファは今までとは違う状況にあるということ。
だから戻ってこないということ。


関係ないけど、私の泣き声は「あ~ん」だと思っていたら
家族に「ふぇ~ん ふぇ~~ん」だと言われました。

なんかものすごくショック!!


猫捜索◆ティファをさがせ:二日目2/5(月)
  • 2007-02-08(木)

二日目2/5(月)

本当は仕事を休んでティファを探したいけれど
ここんとこ激務。
それでも7時で残業を終わらせ
2時間ほどティファの名前を呼びながら歩き回った。

「ティファ 返事して~」

おかしい。こんなことはじめて;;

その日は疲れ果てて、帰宅するなり着替えもせず
そのまま朝までぐっすり寝てしまった。

猫捜索◆ティファをさがせ:当日:2/4(日)
  • 2007-02-08(木)

ティファがいなくなって4日目です;;

これまでとこれからをここに書けるだけ書いていこうと思います。

当日:2/4(日)

久しぶりにいいお天気だったので、
引越し前に毎日遊んでいた公園に連れて行った。
公園の周辺の状況がかなり変わっていて、
いつもは通れるはずの道が無かったり。
もぐりこむ建物も無くなっていたり。
ティファは混乱してニャーニャー鳴いていた。
大丈夫かなと思ったけれど、
それだけここの事をよく覚えている証拠だと楽観してしまった。

「買い物に行ってくるね。夜に迎えにくるね。」
いつものようにその場を去った。


夜遅く帰宅。
途中公園によってティファの名前を呼ぶ。
遊び足りていたらお迎えを待っていて飛んでやってくる。

まだ遊びたりないのか反応がない。これまでもそうだった。
もう少ししたらまた迎えにこよう。
いつものようにその場を去った。


誕生日プレゼントの打ち合わせのためにskypeの準備をする。
その後もう一度ティファを迎えに行く。
0時前後になってたような…なのにティファは現れない。

あたりを声かけして回ったけれどシーーーーン

「もう、ティファったら遊びすぎ」

しかたが無いから帰った。
明日は100%帰ってくると信じて疑わず。

天気予報が「朝方は1度の冷え込み」と言っていた。

こんなときにかぎって寒いんだから…
いつも人間といっしょに羽根布団にくるまって
ホカホカで寝ているティファ。
凍死しないか不安になる;;







sidetitleかんりにんsidetitle

みみ&ティファ

    みみ&ティファ
sidetitle+野良にゃん基金+sidetitle
sidetitleととにゃんsidetitle
ととにゃんとあそぼうw
sidetitleととにゃん2sidetitle
sidetitleあんなことこんなことsidetitle
sidetitleちょっとひとことsidetitle
sidetitleだいたいのしわけsidetitle
sidetitle入院日記sidetitle
sidetitleりんくsidetitle
sidetitleつながりsidetitle

sidetitleあっちでひとことsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2007年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。